シグナリフトを作った再生医療センターというのが気になる!という人は多いのではないでしょうか?

信用できる機関なのか?色々と調査してみました!

シグナリフトの再生医療センターって信用できるの?

調査した結果、この再生医療センターという機関は信用できると判断できます、

なぜなら、次の2点の理由があるからです。

・有名企業や大学と共同研究の実績が非常に高い
・沖縄県から業務委託先になっている

有名企業や大学と共同研究の実績が非常に高い

実は、ロート製薬自治医科大学との共同研究の実績があるのがわかりました。

ロート製薬も自治医科大学もご存知のとおり、信用度がある組織ですね。

共同研究をできるくらいなので、よほど再生医療センターも信頼度が高いと判断できます

沖縄県から業務委託先になっている

沖縄県からの「再生医療産業活性化推進事業」の業務委託先になっているという実績もあります。
沖縄県という公共機関から業務委託を受けているというのは信頼度がものすごく高いという証拠ではないでしょうか。

シグナリフトを作った再生医療センターってそもそも何者?

再生医療センターというのはシグナリフトを作った企業セルソースのことです。

再生医療センターと呼ばれているのは、国(厚生労働省)の認可を受けた細胞の加工や培養、保存などを行う機関となっているからです。

再生医療センターという名前なので、仰々しいお堅い機関なの?

と思ってしまいますが、実はこの再生医療センターのセルソース、ベンチャー企業です。

再生医療センターのセルソースはベンチャー企業だけど安心

再生医療センターと呼ばれるセルソースは2015年に設立された新しいベンチャー企業です。

再生医療関連事業をおこなっていて、シグナリフトはその事業のひとつです。

ベンチャーなのに沖縄県から事業委託されるほどの急成長を遂げているというのはすごすぎることです。

 

再生医療センターの企業情報

セルソースは企業の所在地を東京都港区西麻布の一等地に置いており、資本金も9000万円あります。

ベンチャーとはいえ、資本金の厚さから言って社会的信用度も極めて高いと言えます。

社長は裙本理人(つまもとまさと)という人物ですが、この方の前職は住友商事ということで、バックボーンもしっかりしています。

シグナリフトの再生医療センターは信用していいの?のまとめ

調査した結果、再生医療センター(セルソース)については信頼に値する理由が複数あることがわかりました。

・有名企業、大学との共同研究の実績が高い
・沖縄県からの業務委託されるほどの信頼性
・国からの認可をうけた事業を展開している
・資本金が十分にある

結論として、再生医療センター(セルソース)は信用できると判断できますね。

→シグナリフトの最安値情報はこちらの記事へ

→口コミを知りたい人はこちらの記事へ